まずは知ろう!自分の顔とフレームサイズ

メガネが顔に合わないのはサイズが不釣り合いなのが原因

メガネをかけても似合わない、顔にフィットしないと悩んでしまうケースは珍しくありません。お気に入りのデザインでも実際にかけてみるとバランスが悪いと感じることがありますが、これはメガネのフレームサイズが顔に適していないのが大きな原因です。レンズを支えるフレームのサイズが顔の大きさに適していなければバランスが悪くなり、不安定なイメージが生じてしまいます。メガネのフレームサイズは表情に大きな影響をもたらすので、対人関係の良し悪しに繋がる可能性も否定できません。顔の大きさを正しく把握し、その大きさに適しているメガネを選ぶのが不安定なイメージを回避する秘訣と言えます。素人判断ではどうしてもバランスが悪くなるので、販売店の店員に調整してもらうのが無難です。

輪郭とフレームデザインの関係

顔の輪郭とメガネのフレームデザインは組み合わせによって顔の印象を良くも悪くもします。自分の顔がどのような輪郭なのかを知り、それに合わせてフレームデザインを選ぶのが良いイメージの形成に繋がるのです。一般的に輪郭が角ばっている人は丸いフレーム、ぽっちゃりとした丸みのある顔の人は切れ長な形状のフレームなど、輪郭と対照的なデザインのフレームを選ぶのが適切です。これはそれぞれの輪郭が持つ欠点をメガネのフレームデザインで補う意味があります。逆に輪郭と類似したデザインのフレームを選んで個性を演出する方法もありますが、バランスを取るのが非常に困難です。わずかでもバランスが崩れると一気に見栄えが悪くなることもあるので、ファッションセンスに自信がある人以外は避けるように心がけます。