きちんと管理!メガネの拭き方と保管方法

正しいメガネの拭き方

メガネにホコリやゴミがついたとき、ついTシャツの裾などで拭いたりしていませんか?メガネのレンズは傷つきやすいものです。レンズを拭くときにはきちんとメガネ拭き専用の布を使って拭きましょう。布の繊維が付着することもなく、ホコリや汚れなどもキレイに取れますよ。ただしメガネを拭く布にゴミなど異物が付いていると、レンズの傷につながります。キレイな布で拭くようにしましょう。

レンズには空気中のゴミや花粉などが付着しているものです。そのようなゴミが付いたまま拭いてしまうと、レンズを傷つけることに。布で乾拭きをする前に水洗いするとレンズを傷つけずにすみます。汚れがひどいときにも水洗いはおすすめです。水だけでは汚れが落ちない場合は、専用の洗剤があるので使ってみるとよいですよ。ただし、素材によっては水洗いをしてはいけないものもあるので、メガネ屋さんに確認しておきましょうね。

正しい方法で保管して傷やホコリからメガネを守る

メガネを使わないときはメガネケースに入れて保管しましょう。布でくるんで保管するとホコリもつきにくく、傷がつく心配も少ないでしょう。ケースは幅や高さなど少し余裕のあるサイズを選びましょう。ケースが小さいとフレームが壊れたり、レンズに傷がついてしまったりする危険性もあります。持ち運ぶ際には硬めの素材がおすすめです。やわらかい素材のケースだと、うっかり落としたときに壊れてしまう可能性もあります。また、バッグの中で他のものに押しつぶされてフレームが変形したりすることもあります。

一般的にメガネのフレームは下の部分の方が弱いものです。ちょっと置いておくだけ、という場合はフレームの上の部分を下にして置くようにしましょう。