それは間違い!メガネの掛け方と外し方

フレームが曲がるリスクが高い片手での扱い

メガネを扱い歳に絶対に行ってはいけないのが片手での着脱です。メガネを片手で外すのはスタイリッシュでおしゃれなイメージがありますが、実際はメガネのフレームに大きな負担がかかる行為です。メガネのフレームは非常に細く、わずかな力が加わっただけでも簡単に変形します。メガネを片手で扱うとその方向に引っ張られる形になり、結果としてフレームの変形に至ってしまうのです。その場では目立ったふ不具合が起きないので気づかずに片手での扱いを続けてしまうのも大きな問題と言えます。フレームが少しずつ変形し、遂には自然にずり落ちるまで歪んでしまうことも珍しくありません。メガネの着脱は常に両手で行い、力を入れ過ぎずに軽く支える程度に留めるのが正しい扱い方です。

耳や鼻に負担がかかるのはメガネのサイズが合っていないため

メガネの着脱時にフレームが耳に引っかかったり、鼻当てが鼻を圧迫するなどの不具合を感じることがあります。購入時にサイズ調整を行ったにも関わらずそのような不具合が生じる理由は、顔とメガネの両方に問題が生じていることを意味しています。顔については加齢や肥満によって肌の厚さが変わることがあります。そのため、メガネのサイズが合わなくなってしまうのです。また、体調の変化で顔にむくみが生じることがありますが、そのような状態ではメガネが小さく感じられるので、着脱の際に引っかかってしまうのです。メガネについては購入時のサイズ調整が間違っていたか、使い続けるうちにフレームが曲がったりネジが緩くなるなどの不具合が挙げられます。こまめに点検を行って状態を良好に保つのが快適に使うためのコツです。