顔とメガネのサイズを合わせよう

自分に合ったメガネの選び方とは?まずはざっくり輪郭に合わせる

初めてメガネを選ぶ時は緊張しますよね。テーブルの上にズラリと並べられた、さまざまなデザインや色の種類につい圧倒されてしまいます。横にぴったりと控えている店員さんに緊張してしまい、納得のいくメガネを選べなかった・・・という方も多いのではないでしょうか。今回は、多種多様なメガネの中から選ぶ基準の1つとして、顔の輪郭にサイズを合わせる方法と、輪郭の形で選ぶ方法をご紹介します。

まずは、自分の顔に合う大まかなサイズを頭に入れておきましょう。バランスのいいメガネ選びには、ある程度の目安があります。たとえばフレームの縦サイズは、眉から顎の先までの長さの3分の1かそれよりもやや小さめの範囲に収めるとバランスがいいとされています。また、フレームの横サイズは、顔の横幅とほぼ同サイズが理想的な大きさといえます。試着の時は、下を見たり首を左右に振ったりしても、メガネがズレたり落ちたりしないかチェックしましょう。

メガネによって印象が大きく変わる!なりたいイメージを考える

次に、自分の顔がどんな輪郭の形をしているか鏡でじっくりと見てみましょう。丸顔なのか、面長なのか。顎は四角か、三角か。そして、自分がそのメガネをかけてどんな姿になりたいのかをイメージしましょう。

たとえば、顔の彫りが深く面長な女性が「知的だけどやさしい雰囲気になりたい」とイメージしたとします。その人が『スクエア』タイプのメガネを選んでしまうと、初対面の人には「知的そうだけど、とっつきにくい人なのかな?」というイメージを持たれてしまうかもしれません。もし、曲線的な『オーバル』タイプなら知的に見せつつ女性らしさを演出できますし、『ハーフリム』タイプなら、カッチリしつつ少しヌケ感を出すことができます。このようになりたい姿をイメージすることで、ぐっとスムーズに、そして楽しくメガネを選ぶことができることでしょう。